師走の候6 〈校長ブログ 第15号〉

IMG_2971① ふれあい育児体験IMG_2977 ②苦楽園地区餅つき大会IMG_2987③第9回ビブリオバトル

12月16日金曜日は続きがあります。出前授業の後、北夙川保育園で「ふれあい育児体験」がありました。3年生の「発達と保育」の授業選択者7名が、今年度3回目の訪問をしました。初めてのパネルシアターに挑戦です。保育園生の前で、『クリスマスの夜は静かにね』というお話しを演じました。かわいらしく工夫の施されたパネルと生徒の皆さんの熱演に保育園児の賑やかな声が返ってきます。伴奏のピアノに知っている曲が流れるとみんなで大合唱。なんと素直な反応でしょう。和やかで楽しい会となりました。

金曜日は、5歳児と10歳児そして17歳児(?)に一日のうちにご一緒させてもらい、人ってこんな風に成長するんだ、と改めて思った日でした。ありあまる好奇心と感動を状況に合わせて表現していく過程のように思えました。またこんな風に育ててもらったんだという思いも再確認した次第でした。

②17日土曜日は苦楽園小学校で地域の餅つき大会がありました。茶道部の皆さんが参加しました。女子部員はお米洗い、男子部員は火の見張り番です。私は所用があり、ちょうど出来上がったお雑煮をいただくという実においしいとこ取りをしてしまいましたが、つきたてのおもちはなめらかでのどごしがよく美味でした。前日からたくさんの皆さんがご用意してくださり、当日も地域の方々がたくさん見えて、地域ぐるみで子どもたちを楽しませ、育ててくださっていることに感謝です。このようなふれあいの中から、子どもたちも地域の一員として育って行くのでしょうね。西宮の地域というのは本当にすごいなあと思います。

③20日火曜日第9回ビブリオバトルでした。図書館は生徒の皆さんや先生方で満員です。6人のバトラーがお気に入りの1冊を5分間で紹介します。観客の多数決でチャンプ本が決まります。読書という個人的な営みを、集団へぶっつけ、思いを伝えていくことはとても高度なことです。次なるバトラーへと思いを伝達し、本のおもしろさを伝えていく素晴らしい会です。会を重ねる毎に盛会になっていってることがうれしいです。今日のチャンプは3年4組吉田圭吾君『チョコレート・アンダーグラウンド』。寓意に秘められた鋭い現実を語ったことが勝利につながったのでしょう。観客もしっかりジャッジを下していることにも感心しました。

 

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です