村高生活142 3年登校最終日

 今日をもって、3年生はしばらく登校しなくなります。昨日で、高校生活最後の考査も終わり、次に登校するのは2月28日、卒業式の前日です。

 今から国公立大学の個別試験へ向けてラストスパートをかける人もいます。国公立の前期試験まであと1ヶ月。よく言われることですが、入試の結果は合格か不合格かしかありません。でも、この1ヶ月に本気になって勉強できた人は、これからの人生の中でいつでも頑張ることができる人だと言えます。この1ヶ月頑張れた人は、仮に浪人したとしても1年頑張り続けることができます。この先、仕事でも何でも、10年、20年、一生頑張り続けることができます。自分に自信が持てるようになるためにも、この1ヶ月本気になってください。

 すでに、進路が決まっている人も多くいます。これもよく言われることですが、時間とお金を同時に持つことはありません。まさに今がそうだと思いますが、時間に余裕があります。自由に使える時間があります。将来、働けば働くほど、稼いだお金は増えても、自由な時間はなくなります。「もし1億円あったらどうする?」という質問より、「自由に使える1ヶ月をどう過ごす?」の方が現実的で価値が高いかもしれません。改めて、進路も卒業も決まっているみんな、この貴重な1ヶ月に何をしますか。

 3年生のみんなが、自分たちのホームルーム教室をきれいに掃除して、ワックスがけしてくれました。ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。