村高生活114 山開き

 12月7日(火)期末考査4日目。朝に全員の出席を確認してから、おじろスキー場へ向かいました。2021‐2022シーズンの山開き(安全祈願祭)に参列しました。おじろスキー場には、村高生は大変お世話になっています。スキー部の活動や、年明けには1年生のスキー実習にも行かせてもらいます。校長にとっては、山開き、仏式による安全祈願など、初体験だらけでした。

 そもそも、なぜ今日なのかもわかっていませんでした。今日は二十四節気(にじゅうしせっき)の中の「大雪(だいせつ)」だそうです。大雪とは、山岳ばかりでなく平野にも雪が降り積もる季節ということからついた呼び名だそうです。そういえば、学校へ戻ると、神鍋スキー場の山開きがテレビのニュースで流れていました。雪国にとっては、本格的に冬がスタートする節目なのですね。今シーズンは雪が期待できるそうです。スキー場にしっかり雪がついて、スキー三昧できるといいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。