天を仰いで 190 祝!天中創立50周年

今日は伊丹市スポーツセンター体育館での伊丹市立天王寺川中学校、創立50周年記念式典にお招きいただきました。藤原保幸市長をはじめとして来賓は135人を数え、市内最大規模の1年2年3年が一堂に会する盛大な式典です。

2つ驚いたことがありました。まず一つは、天中生の元気のよさです。最初の国歌、校歌斉唱の大きな声。生徒挨拶や生徒表彰(50周年シンボルマーク制作)に登壇した生徒のキビキビした雰囲気。第2部で全校生がみんな大笑いして楽しむ様子。どれも元気で本当によかった。

もう一つは、第2部に登場したタレント石田靖さんです。石田さんは県高卒業の伊丹大使。「伊丹は都会でもない田舎でもない中途半端。だからのびのび自由にできる」「自分のやりたいことを見つけ、前を向いて一歩踏み出してほしい」という話は感動して思わず涙ぐみました。ぜひ母校、県高でも講演してほしい!

カテゴリー: 校長室から パーマリンク