天を仰いで 147 実験・観察は楽しい!

今日は、県教育委員会の学校訪問指導がありました。県教委に在籍する指導主事が学校を訪問し、授業を観たり、教職員と話し合ったりして、教科指導や学校運営等について指導・助言を行うというものです。本日は理科の指導主事がおいでになりました。

授業は2年生の化学と地学です。どちらの授業も実験・観察の活動があります。酸化と還元について学ぶ化学では、銅線をバーナーで熱してからエタノールに近づけ反応を観るミニ実験です。化石と地層について学ぶ地学では、実際の岩石サンプルを自分たちで割ってみて、ナラやブナの化石がないか観察します。

授業が進んでいくと教室のあちらこちらから、「オーッ!スゲー!」とか、「これそうやんなっ!センセ~!」とか、いろんな歓声が笑い声とともに聞こえてきました。楽しいだけの授業はダメですが、まったく楽しくない授業もダメです。指導主事から本校の理科の授業レベルは高いと評価していただきました。

カテゴリー: 校長室から, 3-学習指導・進路指導, 8-中学生・保護者の方へ パーマリンク