天を仰いで 146 授業が上手くなるには

本日は公開授業オープンスクールでした。3校時と4校時、1年生~3年生のすべての授業を公開しました。来ていただけるならどなたでもと考え、事前の申し込みは不要です。中学生の保護者の皆さまを中心に、40人ほどが来校されました。昨年度は20人ほどだったので倍増です(^▽^)。御来校いただいた皆さま、ありがとうございました!

写真は詩を読解する国語の授業です。次の1~5のような手順で授業が進みました。

1 各自で詩を読んで解釈し、個人の意見やアイデアをしっかり持ちます。
2 小グループに分かれて各自の考えを発表し、話し合いを深めて意見をまとめます。
3 それをホワイトボードに簡潔に記し、各グループのボードを黒板に掲示します。
4 みんなの意見を俯瞰しながら、一つ一つ丁寧にそれぞれの意見を吟味します。
5 自分の意見やアイデアを振り返り、考えを練り直して詩を深く鑑賞します。

生徒が自ら進んで取り組み、仲間などの多くの意見を参照した上で、自分の考えを深めていく。こういう手法をアクティブ・ラーニング(AL)と言います。ALが提唱されるようになって、まだ10年と経っていません。多くの方に観ていただくことが授業上達の近道です。今後ともさまざまな機会を通じて県高の授業を参観いただければ幸いです。

カテゴリー: 校長室から, 2-行事, 3-学習指導・進路指導, 8-中学生・保護者の方へ パーマリンク