8月26日(月) GLiS(1年1組)プレゼンテーション講座

本年度も、武庫川女子大学名誉教授のたつみ都志先生にお越しいただき、GLiS(1年1組)を対象にプレゼンテーション講座を実施しました。

本日は、第1回目ということで、プレゼンテーションの始め方・目のエクササイズ・手のエクササイズを指導していただきました。

以下、講座の内容をいくつか抜粋できればと思います。

<プレゼンテーションの始め方 「スマイルシャワー」>

プレゼンテーションは、まず礼に始まり、最高の笑顔・あいさつでスタートすること。

お辞儀をして、顔が上がるときに満面の笑みを浮かべる!

<目のエクササイズ「ZIP・ZAPゲーム」>

数人で円になり、「ZIP」の合図で隣の人に目線をパスしていきます。「ZAP」の合図で、今度は離れた人に目線をパスします。これができるようになったら、次は合図なしで、顔と目線だけで、どんどんパス回しをしていきます。(言葉では伝わりにくいので、ぜひ写真をご覧ください!)

この練習をしたうえで、目を使った感情表現の練習をしました。

<手のエクササイズ>

様々な形容詞を、ジェスチャーを使いながら相手に伝える練習です。

「高い」「長い」「深い」などなど… 体を使って相手の視覚に訴え、言葉を強調する練習です。

 

最初は少し恥ずかしがっていた生徒たちも、最後には大きな声と素晴らしい笑顔であいさつができるようになっていました。

次回の特別講座は9月2日(月)、声のエクササイズとプレゼン実践編です。

筆者も非常に楽しみです!!生徒だけではなく、教員の授業スキルの向上にもつながる講座でした。

カテゴリー: 特色選抜, 第1学年 パーマリンク