天を仰いで 122 市内で一番甘いクヌギ?

今朝、ある教員がカブトムシが集まるクヌギがありますよと声をかけてくれました。一緒に体育館の北側に回り、弓道場とテニスコートの間まで行きました。白い倉庫の横奥、自衛隊のフェンスの前に、幹が根元から二股に分かれた樹があります。「あれですよ」とのこと。

近づいてみるとと、あたりに甘い香りが漂います。ちょうど幹が分かれたところから樹液があふれ出ていて、メスのカブトムシが4,5匹も群がってました。校内にたくさんあるクヌギの中で、カブトムシが集まるのはこの樹だけのようです。一説には伊丹市で最も甘い蜜が出るクヌギだそうです(⌒∇⌒)。

カテゴリー: 校長室から パーマリンク