天を仰いで 108 風鈴のように

本校の校舎は建て増しを繰り返してきたためか、なんでこんなところに?と思うことがしばしばあります。放送室もその一つ。職員室と校長室の間にあるんです。そんな学校、うちだけでしょう?

壁や扉にカラフルなポスターが貼られ、時には一輪挿しや七夕の笹が置かれたりして、味気ない廊下にいろどりを添えてくれています。今日、職員室に行こうと前を通ると、扉に風鈴が掛けられているのに気付きました。

つい先日、プライム・ビデオで『続・深夜食堂』という映画を観ました。その中で「この音色のように生きなきゃいけないよ」という独り言のような台詞が出てきます。かすかに、しかし、澄みきって鳴り響く風鈴の音色。放送室前のを指でチリンと鳴らしてみました。

カテゴリー: 校長室から パーマリンク