天を仰いで 064 雨あがりの土曜日

卯の花や踊(おどり)崩れてほととぎす   鬼貫

卯の花をよく見ると、確かにまるで踊っているように咲いています。それが昨日からの強い五月雨に打たれて、すっかり崩れ散ってしまいました。もうすぐホトトギスの甲高い初音が聞こえてきくるはず……。いや、聞こえてくるのは、プリンス池にいるウシガエルのドスの利いた鳴き声ばかりですw。

今日は土曜日ですが、部活動だけでなく、文化祭の準備でたくさんの生徒たちが来ています。ステージでのリハーサルはびっしり予定が詰まって続いているし、文化祭に備えて校内で合宿をしている部活動まであります。「万の事も、始め終わりこそをかしけれ」と兼好法師も言いましたが、みんなで祭の準備する様子はそれだけでよいものです。

昨日、東海、関東甲信、北陸、東北南部で、梅雨入りが発表されましたが、近畿地方はまだです。朝のニュースで近畿が東北より遅いのは何十年ぶりとか言っていたました。ひょっとすると県伊祭を待ってくれているのかもしれませんね。

カテゴリー: 校長室から, 2-行事 パーマリンク