天を仰いで 059 学ぶ意欲の喚起

中間考査3日目。午後になると生徒たちがいません。みんな最終日までしっかり勉強しよう!と思う半面、生徒のいない学校はやっぱり何となく寂しいなと思います。ふと目をやると、プリンス池の端にある、人の背丈ほどの卯の花がしきりに咲いていました。

14:00から緑創館でSGH企画推進委員会を行いました。グローバル・ビジネス・リーダーの育成に識見を有する学識者や企業人など7人の方々に委員を委嘱し、SGHとしての本校が企画・立案・実施する研究活動全般に対して御意見や御助言をいただく会議です。今日は仕事の御都合で出席委員は4名。学校側は校長はじめ17人でした。

学校側から①昨年度までの4年間の取組、②事業最終年度となる本年度の計画、③来年度以降の方向性について御説明するとともに質疑応答をしたのち、委員の皆様と協議しました。話題の中心は「学ぶ意欲」についてでした。高い資質を持ちながら、学ぶ意欲が前に出ず、自ら進んで活動に取り組めない場合どうすればよいか。

①すべての生徒の活動が他の生徒に伝わること、②課題研究のテーマ設定に工夫すること、③グループワークで班員相互の信頼関係を深めること、④生徒と教員が一緒になって学ぶ楽しさを感じることなどさまざま角度からお話があり、有意義な会議となりました。今後、いただいた御意見などを全教職員で共有するとともに、SGHのそれぞれの取組に反映させていきます。

カテゴリー: 校長室から, SGH パーマリンク