ニューヨークFW⑨

バルーク高校

3日目は朝8時ころにバルーク高校に到着し、玄関で日本生まれのケイタ君の出迎えを受け教室に案内してもらいました。そこでケイタ君の司会で歓迎会を30分弱持ってもらいました。1時間目からプレゼンです。発表者以外のメンバーはパートナーとともに授業に参加しました。保健の授業、作文の授業、大学案内講座、微分積分の授業などでした。バルーク生徒の白熱した議論、その勢いに感動しました。前ALTのジェイソンがカリフォルニアから1晩かけて駆けつけてくれ、彼の助けがあって、プレゼンの最後に設定したディスカッションが盛り上がりました。お昼ご飯は設定されていないので、パートナーの空き時間に昼食を一緒にとり午後の4コマを授業に参加してバルーク高校1日目を終えました。途中でハリケーンの名残の土砂降りに見舞われました。「鉄砲水注意報」が発令される激しい雷雨でした。

解散後、メンバーはそれぞれパートナーの生徒と買い物をしたり、夕食を共にしたりして、全力を使い切った1日を終わりました。

明日は農家などが直接作物を売りに来るグリーンマーケットに出かけます。

 

 

カテゴリー: H30年度 ニューヨーク, ニューヨークとの国際交流, 第2学年, 1-学年, SGH パーマリンク