9月 小学校英語アクティビティー出前授業 参加生徒の報告書より②

9月 小学校英語アクティビティー出前授業 参加生徒の報告書より②

 

7月に実施させていただいた小学校英語アクティビティー出前授業に参加した生徒の報告書をいくつかご紹介します。以下、生徒の報告書の抜粋です。

 

僕はこの活動に参加するのは今回で3回目だったので、前回の反省を生かして今回も成功させようと思っていました。今回授業をする小学校は僕の母校だったので、打ち合わせの時に当時の僕の担任の先生が担当だったため運命的な再会ができました。また、その先生が今の小学校では英語という新しい教科が導入されたので今回の取り組みは非常に興味深いと話して下さり、自分が小学生だった時には当然分からなかったことが分かり、感慨深かったです。

今回は授業の進行は2年生に任せて、自分はサポート役にまわったのですが、去年とは違った気づきがありました。それは様々な性格の子どもたちがたくさんいるので、どのように取り組めばいいのか困っている子や少し恥ずかしがる子などがいました。僕はその子達に対する配慮の仕方が分からず、あたふたしてしまいました。すると、担任の先生がすぐにサポートして下さり、助かったのですが自分まだまだ経験が足りないと改めて痛感しました。去年は自分が授業をすることに必死だったので周りが見えてなかったのでこのような気づきはなかったと思います。なので、今回は周りをよく見て行動することの大変さと自分の未熟さを知ることが出来たので、また一つ成長したように思います。

最後に僕がこのアクティビティーを通して感じたことは相手に自分の意見を伝えることの難しさです。自分が一生懸命作成したことでも相手に伝えられなかったら意味はないと思います。この課題を克服するために今後、このような活動に積極的に参加してもっと多くの経験をしていきたいです。いい体験をさせていただきありがとうございました。

 

カテゴリー: 小学校への英語出前授業, 5-生徒の活動 パーマリンク