9月 小学校英語アクティビティー出前授業 参加生徒の報告書より①

9月 小学校英語アクティビティー出前授業 参加生徒の報告書より①

 

7月に実施させていただいた小学校英語アクティビティー出前授業に参加した生徒の報告書をいくつかご紹介します。以下、生徒の報告書の抜粋です。

 

出発前のリハーサルで様々な注意点が分かり、かなり焦りと不安を感じていました。そして、かなり緊張しました。しかし、先に小学3年生クラスの授業を見ることができたことで、ここはこうした方がいいなどと考える余裕ができ、ポイントや、雰囲気、時間配分の目安を掴めたことで少し落ち着けました。また、高校3年生の先輩方の声かけといったフォローが的確でタイミングがよく、とても勉強になりました。小学3年生に前で説明していた2年生メンバーもリハーサルより格段に良くて驚きました。

授業をしてみて、こちらから話しかけると何か返ってきたことがまず、嬉しかったです。挙手してくれる子も多く、たくさん発言してもらえ、安心しました。また、想像以上に小学4年生は様々なことを知っているものだと驚きました。リハーサルで出た注意点を改善しても、まだまだ打ち合わせ不足、練習不足を感じました。感情の言葉のゲームに何分とるのか時間をもっと具体的に伝えておくべきだったこと、All goが多く、真ん中に行きたがる子が増えた時に、言った言葉以外の人が動くというルールに早めに切り替え、All goをなしにするべきだったことが大きな反省点です。気持ちバスケットで高校生の声が通らないくらい盛り上がっていたけれど、それは英語を使ってゲームを楽しむといった趣旨では無い盛り上がり方だったと思い、残念だったと同時に力不足を感じ、もう少し違ったこちらからの声掛けができたのではないかと感じました。

様々な反省、課題が残ったことで、次はもっと上手く出来るはずだ、もう一度やりたいと思いました。また、普段接することの全くない年齢の子供たちと接することができ、貴重な経験となりました。そして、授業することがいかに難しいかを体感しました。ただ、今回は先輩方の去年の経験があり、授業内容が作られてあり、グループでの授業で、無事終えることができました。しかし、一から自分たちで授業を作っていたら大変だったと感じました。最後に、この体験で私たちも楽しむことが出来たことが1番良かったです。

 

カテゴリー: 小学校への英語出前授業, 5-生徒の活動 パーマリンク