6月20日(水)2年生SGH ランチミーティング

6月20日(水)2年生SGH ランチミーティング

今日のランチミーティングは、「Survey Analysis(調査結果の分析)」についてALTからレクチャーを受けました。

具体例として世界のFood Waste(食料廃棄)状況を表したグラフから問題を読み取りました。生産者と消費者の食料廃棄の比率が棒グラフで表されていました。先進国では消費者側の食料廃棄率が比較的高くなっていましたが、発展途上国では圧倒的に生産者側の食料廃棄率が高く、消費者側の食料廃棄率は非常に低いことが分かり、全体的に見ると、生産者側の問題が浮き彫りになりました。

次に、世界の主要国の人が好む日本食を表したグラフを分析します。「寿司」「さしみ」「焼き鳥」「天ぷら」「うどん」「たこ焼き」「お好み焼き」など数多くの日本食のなかで、各国で人気なのが「寿司」ですが、フランス人には「焼き鳥」が、イタリア人には「天ぷら」が人気があり、それぞれの国で違いが見られました。

このグラフを見た後にALTから”What Japanese food would you like to introduce to foreign countries?” という問いが投げかけられました。人気があるものが良いとは限らない、という忠告も付け加えられました。生徒はどの日本食を外国に紹介したいか、理由も付け加えて、英語で発表しました。

ALTによると、どれを選べば正解というわけではなく、どれを選んだとしても、理由がしっかり述べられているかどうかが重要だとのことでした。

 

 

 

カテゴリー: ランチミーティング, 第2学年, 課題研究, SGH パーマリンク