小学校英語アクティビティー出前授業12月19日(火)緑丘小学校

12月19日(火)

 

4年生4クラスに12名の生徒で伺いました。
まず、自己紹介をして、小学生に「外国の名前で知っているものはありますか」と聞くと、とてもたくさんの小学生が手を挙げてくれました。中には、あまり馴染みがないような国名を発表してくれる生徒もいました。その後、「英語が話せたらどんなことができるか」高校生の海外での体験などを踏まえて話し、今日の授業のめあてである「英語に興味を持ってもらう」「気持ちを表す単語を覚えてもらう」ことを伝え、始めました。
最初は4つの気持ちを表す単語happy, sad, hot, coldをカードの絵とジェスチャーとともに確認し、練習します。それから、グループに分かれて、各グループで気持ちを表す単語をゲーム感覚で練習しました。次に新たな4つの気持ちを表す単語hungry, angry, sleepy, tiredを同じように練習しました。ある程度単語が覚えられてきたら、今度は、フルーツバスケットの英語の気持ちバージョンを行いました。とても盛り上がり、楽しんでくれているようでした。終わってからも、高校生の生徒たちは、小学生と話をしたり、担任の先生や教頭先生からご助言いただいたりと、大変勉強になりました。貴重な機会を頂戴し、感謝しております。

授業終了後、神戸新聞様から取材を受け、12月20日(水)の新聞にこの活動が掲載されました。12月20日 神戸新聞
また、FMいたみ様からも取材を受け、各クラスを担当した生徒がそれぞれ1名インタビューを受けました。初めての体験に緊張しましたが、特別な思い出になりました。この様子は、1月11日(木)の「未来を託す人づくり」で午前9時~9時15分と午後1時30分~1時45分に放送されます。よろしければ、生徒の生の声をお聞きください。

 

カテゴリー: H29年度, 小学校への英語出前授業, 第2学年, 5-生徒の活動 パーマリンク