SGH FW ITY 6月1日 木曜 トリノでのイベント Japan Fair

平成29年6月1日 木曜

🔴トリノ Eataly 本店で “Japan Fair”

アルバの宿をチェックアウトし、約1時間ほどかけてトリノへ。今日は “Eataly” 本店で、再度 “Japan Fair” を実施します。

基本的には、今週月曜日5月29日にアバノ・テルメ専門高校で行ったのと似た内容なのですが、今回の舞台は学校ではなく、スーパーとレストランの複合商業施設です。また、「売り込む対象」も異なります。

★ Eataly イータリー とは、今は世界各地に店舗を展開していますが、トリノ本店は、長年リキュール酒の工場だった古い建物を改造して店舗にしたものです。本日我々は、その一室を借りてイベントを行います。対象は、もちろん現地イタリアの人々です。

部屋を借りる手続きなどは、業者さんにお願いしたのですが、最も大変なのは、日本から準備して持参する物品です。

★月曜日のアバノ・テルメでの Japan Fair との違いは、今回は伊丹市にある小西酒造の製品をアピールすることです。小西酒造は古い酒蔵で、地元伊丹市の地場産業です。それぞれの季節、四季に合う日本酒をアピールするのですが、それだけではなく、それに合う食べ物を調理して振る舞います。

また、酒そのものだけでなく、多くの関連事項について、生徒たちがスライドを用いて英語で次々に説明を行います。一つの説明が終わってから、日本酒と食べ物を振る舞うという形を繰り返します。

もちろん、今後に生かすため、アンケートをお願いします。最後にアンケートを出してくださった方には、日本から持参した「食品サンプル」を差し上げます。

さて、Eataly に到着後、店の方に店内各所を案内していただきました。ここは本店ながら、それほど巨大な売場面積ではありません。ここで売られている食料品は、厳選された産地・生産方法が確かなものばかりなのです。

次には、2時の開会に合わせて、昼食を挟んで会場の準備です。昨夜、全員揃って約1時間の打ち合わせもしましたが、最終チェックには念には念を入れます。

★開会直後から、たくさんの来場者が続きました。その様子は、写真からも分かっていただけると思います。例によって、本日も、わずかこれだけの写真に絞るのに苦労するほど、多数の写真を撮ることができました。写真だけでなく、ビデオもあります。

★開会後約2時間半ほどで無事に閉会となりました。アンケートの集計はまだこれからですが、来場者の様子を見る限り、長い時間滞在してくださった方が多く、成功であったと思います。

ご協力くださった皆さまに心から感謝申し上げます。

終了後、専用バスで約2時間以上かけて、今日と明日投宿するミラノに向かいました。生徒たちの間には、「終わった」との達成感があったと思いますが、これまでの疲れがドッと出ないように注意しなければなりません。

最終日と言える明日は、ミラノで終日観光です。

《by 教頭》

カテゴリー: H29年度 イタリア, イタリアでの国際交流, SGH パーマリンク