2年SGH 高校生おしゃれメリケン(小麦粉)アイデアコンテスト出場

6 7 8 1 2 3 4 5

7月24日(日)
神戸松蔭女子学院大学主催の高校生おしゃれメリケン(小麦粉)アイデアコンテストに2年SGH生がビジネスアイデアを応募し、一次書類審査を通過して2次の本選プレゼンテーションに参加しました。
ビジネスアイデアはFour Seasons’ Flower(Flour)‐驚くついでに日本の四季を味わおう-です。小麦粉を使った(パーティーで鳴らす)クラッカーで、小麦粉でそれぞれの四季を象徴する色を、小麦粉粘土でそれぞれの四季を象徴する植物を表現しました。Iced Bucket ChallengeのようにFlour Challengeを開催することで、商品のPRとその収益の一部を小麦粉アレルギーの研究を行っている団体に寄付することでより多くの人が小麦粉を楽しめるようにします。
入賞は逃しましたが、他の高校生のプレゼンテーションも聞くことができ、実際に株式会社ディーラリエ代表取締役・レーブドゥシェフ社長・神戸空港ターミナル株式会社取締役社長・西日本旅客鉄道株式会社執行役員営業本部長・中山福株式会社常務取締役企画本部長・ジャンボフェリー株式会社代表取締役社長・神戸松蔭女子学院大学学長からご質問やご意見をいただけました。審査員の方々からは、とても斬新なアイデアでぜひ実現してほしい、ジェネレーションギャップはあるが、我々(審査員の方々)世代が考え付かないようなことをやっていってほしい、プレゼンテーションのスライドがとても良かった、ターゲットを外国人観光客としているところが、時代の流れを読んでいて素晴らしい、といったコメントをいただけました。
この経験を活かし、次は9月8日の校内成果発表会に向けて取り組んでいきます。

カテゴリー: 第2学年, SGH パーマリンク