12月21日(月)人権講演会

講師に落語家の桂福点氏をお迎えして、人権講演会を開きました。福点氏は視覚障害者の方ですが、落語家の他、音楽療法士としていろいろな病院や施設などを精力的に回っておられます。この日はトークあり、音楽あり、そしてもちろん落語ありと盛りだくさんな内容でした。また、視覚障害者の方への声掛けや介添えの仕方、ユニバーサルデザインによるシャンプーとリンスの区別などを生徒に体験させていただきました。さらに“落語の稽古”を生徒が体験するコーナーもあり、全校生の笑いを誘っていました。

最後は「視覚障害者と聴覚障害者のメールのやりとり」を題材にした短い落語を披露していただきました。音声入力で文章が作成できるソフトを使って視覚障害者がメールを送るのですが、目が見えないので誤った漢字に変換されてもわからず、話がこんがらがる、と言った内容でした。これを落語家らしくおもしろおかしくお話しされるので、ここでもまた爆笑の渦が巻き起こりました。

笑いの中にも障害者の方たちの人権についてご自分の体験も交えてお話しくださり、生徒たちもじっと聞き入っていました。お話が終わった後、生徒会長からお礼の挨拶があり、無事講演会を終えることができました。

IMG_7760   IMG_7839   IMG_7867   IMG_7941

カテゴリー: 2-行事 パーマリンク