特色選抜GLiS 高大連携課題研究合同発表会 in京都大学 へ

SGH3

11月3日(火・祝)
特色選抜GLiS の生徒3名が高大連携課題研究合同発表会に参加しました。この催しは京都大学と連携協定を結んでいる兵庫県の高等学校で、理科系の課題解決型学習を行っている生徒たちによる研究発表会です。発表はすべて京都大学の先生方がご覧になり講評を受けます。本校生は昨年に引き続き見学参加でした。
会は京都大学大学院の都市環境工学専攻の松井康人先生の記念講演「未来の京大生へ ~人の健康リスクについて考える~」に始まり、引きつづき各校生徒の研究発表がいくつかの部屋に分かれて行われました。どの発表も緻密な計画に基づいた高度な研究成果で、発表者は先生方や学生からの質問に的確に答えていました。
SGH一期生である本校参加者は、研究の方向性こそ異なるものの、身につけるべき態度や志はこの日の発表者と同じです。ここから約二ヶ月、本校のSGH課題研究は佳境を迎えます。この日参加者の胸に蒔かれた小さな種が、学校に戻って発芽し、活動全体に大きな花を咲かせることを期待しています。

カテゴリー: 特色選抜, 第1学年, SGH パーマリンク