松谷化学工業株式会社企業訪問

 

w1 w2

8月21日(金)

14:00から、1年1組生徒26名が、松谷化学工業株式会社を訪問しました。最初に会社紹介のDVDで、多様化するニーズに合わせた様々な工夫がなされていること、安全・安心が徹底されていることなどを教わった上で、3班に分かれて、研究棟と工場を見学しました。試食体験では、加工澱粉を含んでいるうどん、コロッケ、コーヒーなどを食べ比べ、つやや弾力がでたり、味にこくが生まれたりするなど、食感の違いを実際に確かめることができました。工場では、ミキサーで材料を混ぜ、ふるいと磁石を使って異物を取り除き、包装するという全工程を見学させていただきました。衛生管理が徹底されており、食品を扱うことにどれほど神経を使っておられるかが肌で感じられた一日でした。以下は、見学した生徒の感想の一部です。

・工場ではふるいにとても興味をもった。粉を細かくするためにふるいに流し、ダマになってしまえばたまってくるので、下からボールでたたきつけるという発想がすごいと思った。

・今まで「松谷化学」と1つに見ていたものが、製造から包装、研究開発など、たくさんの部門が集まって成り立っているものだと知った。

・多くの食品会社がお客様なので、それぞれの技術に対する気配りが大切です、というお話に心をうたれた。

・私の大好きなミスドのもちもちのポン・デ・リングに、タピオカの澱粉が使われていたと知って驚きでした。

カテゴリー: 特色選抜, 第1学年, SGH パーマリンク