伊丹市立伊丹北保育所訪問実習

DSCF0555 DSCF0505

8月25日(火)26日(水) 伊丹市立伊丹北保育所

3年生「子どもの発達と保育」選択者13名が、2日間、9時から4時まで実習させていただきました。

子ども達と一緒に遊んだり、お着替えを手伝ったり、食事の補助や、排泄のお手伝いなど、保育士の先生方に丁寧に教えていただきながら子ども達と接しました。

1学期に2回、30分程の訪問をしたのですが、その時に迷ったり悩んだりした課題を今回の2日間で少しでも解決できたら・・・と、生徒それぞれが実習前に今回の実習目標を設定しました。2学期の最初の授業で感想を発表しあい、情報を共有することにしています。

また、子ども達と接する他に、保育所を運営するために必要な遊具の準備や後片付け、掃除などもさせていただきました。保育士は子どもと接するだけが仕事ではないということも、少しですが、理解できたのではないかと思います。本当に色々な勉強をさせていただきました。

実習後は、「疲れたけど、すごく楽しかった。」「また、行きたい。」「自分の将来へ頑張る気持が固くなった。」などの前向きな言葉が出ていました。生徒達の顔は充実感、達成感でいっぱいでした。

2学期の授業では、実習を終えての感想発表の他、私たちを気持ちよく受け入れてくださる保育所や子ども達へのお礼のプレゼント作り、本校でのドングリ拾いなどの行事も行う予定です。

カテゴリー: 第3学年, 5-生徒の活動, 9-その他の話題 パーマリンク