天を仰いで 734 新しい庭園

緑化工事が完成し、見事に芝生を張っていただきました。合わせて、桜も数本、植えてもらっています。さらに、会議室の前には桜と紫陽花が、右側の裏庭のようなところにも芝生が植えられました。

前に書いたとおり、本館の南側は50年前に整備された庭園でした。それが、耐震工事によって当初の設計意図が崩されてしまいました。それもこれも27年前の阪神・淡路大震災があったからです。震災前は伊丹の学校に耐震強度が必要だとは誰も考えていませんでした。

今回の工事が何が嬉しいと言って、新たな庭園として蘇ることです。このあたりは、今も生徒たちがバーベキューを楽しむ場所です。新年度になった頃には、植栽がしっかり根付付き、やがて新緑も映えて、見る間に花々も咲くでしょう。そんなみんなの憩いの場所になるんです!

カテゴリー: 校長室から, 6-緑窓会・卒業生の話題 パーマリンク