天を仰いで 733 新しい絆

今年も阪神昆陽特別支援学校のみんなが、本校でビル・メンテナンスの校外実習を行ってくれました。すでに最終日となり、今日は本館2階の普通教室にワックスをかけてくれます。予備日を入れて4日間、これまでに3、4階のワックスがけ、生徒昇降口や廊下の窓クリーニングなどが済み、全館ピッカピカです。

この実習はコロナの流行があったから実現したものです。コロナのためにこれまでの実習場所に行なくなった阪神昆陽と、これまでのワックスがけができなくなった本校と両校の課題が高校の校舎を使っての実習という、これまでなかったやり方に繋がったわけです。

本校の生徒会に実習の話をしたら、ぜひお礼を言いたいと言ってくれました。今日の実習が終わってから、会長、副会長が実習の控室にしている緑創館まで出向いて謝辞を述べます。今後は実習だけでなく、文化行事などでの交流が深まればもっと楽しいですよね。コロナが取り持つ御縁を大切にしていきたいと思います。

カテゴリー: SAKURA PJ, 校長室から, 緑友会(生徒会), 自主活動, 5-生徒の活動 パーマリンク