天を仰いで 729 今年一番の寒さ?

「グラウンド、雪積もってますよw」。7時頃、あたりが明るくなってきてから、事務長さんが校長室まで来て教えてくれました。二人とも夜明け前に出勤していたので、雪が降っていたことに気付いていなかったんです。

外に出てみると、ちょうど日が昇ってきました。確かにグラウンド一面、うっすら雪が残っています。しかも、空は快晴。雪を降らせた雲はとっくにどこかへ行ってしまったようです。放射冷却で地面からどんどん熱が奪われていくのが見えるような気がしました。

「冬来たりなば春遠からじ(冬が来たならば、春は遠くないだろう)」。この言葉がシェリーの詩の最終句、”If Winter comes, can Spring be far behind ?”を訳したものだと最近知りました。WinterとSpringが大文字なのは、擬人化しているからだそうです。しかし、冬彦さんはもう少し居座って、春子さんはまだまだ来そうにありませんね。

カテゴリー: 校長室から パーマリンク