天を仰いで 727 晴れの舞台

今日は「演じる高校生」に出演する演劇部のお芝居を観に行きました。京都駅までJRで行き、そこからは自転車です。冬の京都は久しぶりなので、いくつか寄り道観光をして、2時間半ほどかけてやっと京都芸術大学、春秋座へ到着。

会場に入って面食らいました。天井から赤い提灯がぶら下がっています。舞台向かって左には立派な花道もありました。歌舞伎が上演できる劇場とはこういうことかと思いました。まさに、「晴れの日」舞台です。演劇部のみんなは舞台に臆さず、堂々と演じきってくれました。

私の実家は御所の近くにありましたが、バブルの頃に地上げされて今はありません。駐車場に代わっていしまいました。「花壇」に実家を思いました。それでも「今日」という日はあった。キョウトだけに。忘れられないお芝居になりました。演劇部のみんな、面白かった。ありがとう!

カテゴリー: SAKURA PJ, 校長室から, 自主活動, 部活(文化部), 5-生徒の活動 パーマリンク