天を仰いで 714 文武一如

横断幕が10枚になりました。どれも令和3年の大会です。今日、昼間に見たら、一点透視図法で作画したような壮観です。着任して3年になりますが、ここまで増えたのは初めてです。何よりも嬉しいのは運動部も文化部も両方あること。本物の「文武両道」です。

大谷翔平さんは投打の「二刀流」か?とよく思います。走攻守、三拍子そろった選手です。さらにマナーや態度も素晴らしい。投打2つの道を行きたいのではなく、野球という「大道」のど真ん中をまっすぐに歩こうとして、投打だけでなくすべてに努力されているのではないでしょうか。

横断幕を見ながら、学校として大谷さんを見習いたいと思いました。まっすぐな「県高生」となることをひたむきに求めて、スポーツや文化にいそしみ、勉学に取り組み、仲間と友情を築き、地域に貢献する。文武、多方面に活躍するみんなから、新年の大目標を教えてもらった気がします。

カテゴリー: SAKURA PJ, 校長室から, 自主活動, 部活(文化部), 部活(運動部), 5-生徒の活動 パーマリンク