天を仰いで 701 奥カップ開催

Photographed by the vice-principal 🙂

11月29日は奥克彦さんの御命日です。今年はその日にラグビーカーニバル「第10回奥克彦メモリアルカップ」が開催されました。伊丹、宝塚、川西、西宮、尼崎の5つのラグビースクールから中学生を招いた親善大会です。運営は本校ラグビー部同窓生の皆さんがされ、部員が審判のお手伝いなどをします。また、部員保護者の皆さんによる模擬店もあり、中学生たちに温かい食べ物等をふるまっていただきました。

現在、部活動は転換点を迎えています。 生徒の人間形成や多様な活躍の場として部活動は貴重な教育活動ですが 、勤務時間外の活動や指導の困難等、教員の献身を前提にしてきました。そこで、国の中央教育審議会は、今後「部活動を学校単位から地域単位の取組とする」との方向を提言しました。その意味で、ラグビーカーニバルは時代を先取りし、さらに発展させた素晴らしい取組と言えます。

そもそも本校ラグビー部のジャージには校名が記されていません。ペットネームGGGだけです。過去には他校生がGGGのジャージを着て一緒に練習したとも聞きます。奥克彦さんの思いを汲んで周囲の方々が始めていただいた取組がさらに盛んになって多くの子供の健全育成に繋がることを心から願っています。開催された同窓会の皆さん並びに協力していただいた皆さんに心からお礼申し上げます。ありがとうございました。

カテゴリー: SAKURA PJ, 校長室から, 自主活動, 部活(運動部), 5-生徒の活動 パーマリンク