天を仰いで 661 授業はアイデア勝負

研究授業週間2日目です。初日は5つの研究授業を行いましたが、残念ながら出張で参観できませんでした。今日は10の研究授業を実施しました。3、4限目は授業公開でもあったので、学校外から50名ほどが来校され、研究授業も見ていただきました。私は8つ参観しましたが、やっぱり研究授業は面白いなと思いました。

たとえば、ある英語の授業で一斉に音読をするときに、「それではみんな立って~」と教員が指示しました。生徒たちはガラガラと椅子を下げて、普通に立ちました。日頃から一斉音読の際は立って読んでいるのでしょう。教師が最初に読んだあとに生徒が続いて読み始めた時、みんなの声が大きい。こんな方法があるのか!と目からウロコが落ちました。

今日日の高校生は、普通、一斉音読で大きな声は出しません。もちろん、大きな声が出せないわけではありません。何か声を出すきっかけがあれば難なく出します。そのきっかけを与える、ちょっとしたアイデアが必要です。この授業の全員を立たせることのように。いろんなアイデアが沢山あるほど良い授業になります。他人のアイデアを「盗む」絶好の機会が研究授業です。

カテゴリー: 校長室から パーマリンク