GLiS特別プログラム 県伊丹スターウォッチング

11月8日~19日の平日夕方、 「県伊丹スターウォッチング」を実施しています。 県立伊丹高校で天体望遠鏡を自分で操作して、月や惑星観測するプログラムです。8日・9日と天候の条件が悪く順延していましたので、10日が初日となりました。10日も風が強く、しばしば雲で遮られる中での観測となりました。

はじめて天体望遠鏡に触れたという生徒も、すぐにマスターして、教えあいながら操作できるようになりました。月のクレーターが大きくはっきり見えたり、小さいながらも土星のリングが見えたりして、歓声が上がっていました。終わってから雨がひどくなったので、短い時間でも観測ができたのはラッキーでした。

12日(金)は一般公開日です。学校周辺の小学生や中学生、保護者も参加して 「県伊丹スターウォッチング」を実施しますGLiS生徒がプログラムの企画・運営をします。本校生も一般の方々もみんなで楽しめたらいいですね。

カテゴリー: GLIS, 探究活動, 理数活動, 自主活動, 2-行事 パーマリンク