天を仰いで 643 まっすぐ怖い

本日の5、6限は、県庁交通安全室の御協力により、 1,2学年を対象としたスケアード・ストレート自転車交通安全教室を開催しました。“スケアード・ストレート”をGoogle翻訳に入れると「まっすぐ怖い」。スタントによる交通事故の演技を見ることで事故の恐ろしさを知り、安全意識の定着を図ります。

5限に体育館で動画を見てから、6現はグラウンドに出ていよいよスタントです。道路に見立てた舞台から生徒たちまでは、ほんの3mほどしかありません。衝突の衝撃を肌で感じ、激しい転倒でおこった砂埃がかかります。迫力満点。自転車でコケて3回骨折している校長には、演じている皆さんが無事であることが不思議でなりませんw。

全体の進行は生徒会が行ってくれました。最後に生徒会長が謝辞を述べ、「実際に見て、事故がどんなに恐ろしいか身をもってわかりました」と言ってくれました。今日の帰り道から安全運転に努めたいと思います。演じていただいたスタントの皆さん、御協力いただいた県庁、市役所、伊丹署の皆さん、どうもありがとうございました。

カテゴリー: 校長室から パーマリンク