天を仰いで 612 あぁフォント!

ピロティ東側の柱です。こんなところに校名があるなんてと思われるかもしれません。本校の玄関は南側にありますが、それは耐震壁ができたからです。以前は、こちら側、東側にありました。だから、校名もここにあるわけです。

右上の配線は無視すると(あれも後から付けられました。玄関は学校の顔。顔に無粋な電線を引き回すなんて、、、ブツブツ)、 白く、広い壁面の上部に配された、縦長のゴシック・フォントの校名はかなり洒落ていると思いませんか?

左下の定礎の石版には1969と刻まれています。当時なら校名の細かなデザインまで設計技師のお仕事でしょう。実物はきっと職人さんの手になる一品モノのはずです。なんてスタイリッシュ。わかっていただけますか!w

カテゴリー: 校長室から パーマリンク