天を仰いで 611 県高の「森」

電車で登校するときは、JR北伊丹駅から歩いてきます。階段を上って伊丹台地に上がり、住宅街を抜け、クラブハウスを過ぎると遠くに県高の緑地が見えてきます。

今朝の6時ごろは朝日がさしていました。4階建て校舎よりも高い樹木が100mほどの範囲に密生し、一斉に陽光を受ける様子など、他校ではなかなかお目にかかることができません。写真を撮ろうと思って、校門を開けてグラウンドに入りました。地面には薄く水がたまって風景を映しています。

何枚か撮ってやっと納得。校舎に向かいました。玄関の鍵を開けようとしたとき、目の端でヒスイ色の輝きが高速で動きます。え?と思って顔を向けると、カワセミでした。しかも、2羽います。つがいでしょうか。その辺りをしばらく飛び回ってから、西の空へ行ってしまいました。

カテゴリー: 校長室から パーマリンク