天を仰いで 601 好きな景色

コロナの心配もあって、できるだけ自転車で通勤しています。年を取ったからか早く目が覚めるので、朝は5時ごろ家を出発します。171号線から武庫川、天王寺川、天神川に沿って伊丹台地を登ってくると、朝日を背にして黒々した昆陽池公園の樹林が徐々に見えてきます。

なぜか公園北西角の交差点はたいてい赤です。5時半ぐらいに到着して、上がった息を整えながら眺める公園が好きです。植樹されたのは昭和51年だそうですから、ほぼ半世紀が経って木々はどれも高木となりました。町中にこんなに大きな木が、こんなにたくさんある場所は、他には思い出せません。 山のない伊丹市だからこそでしょうか。

カテゴリー: 校長室から パーマリンク