天を仰いで 592 タイブレークを制す!

延長に入っても互いに譲らず、ついに13回、タイブレークとなりました。いきなりノーアウト1、2塁の状況から始まるんです。知らなかったのでビックリしました。このルール、後攻のウチが圧倒的に不利やろ!とブツブツ独り言を言ってしまいました。

タイブレークはバントが定石です。先攻の緑台はデッドボールでノーアウト満塁になりましたが、次のバントが小飛球となりました。ピッチャーが落ち着いて処理して0点でした。後攻の本校はうまく転がしたバントをピッチャーが難なく拾いましたが1塁へ暴投。あっけなくサヨナラとなりました。

緑台のピッチャーは敵ながらアッパレ。本校は打ちあぐねていました。守って、守って、なんとか延長までもつれ込ませました。それが、13回のチャンスを呼び込んだのです。感動しました。どんなに苦しい状況でも諦めなければ、必ずチャンスは巡ってくる。忘れません。初戦突破、おめでとう!

カテゴリー: SAKURA PJ, 校長室から, 自主活動, 部活(運動部), 5-生徒の活動, 6-緑窓会・卒業生の話題, 7-PTA パーマリンク