天を仰いで 555 輝く「背景文字」

今日は中山五月台中学校→山手台中学校→塩瀬中学校にお邪魔しました。雨が降りそうだったので、JRとバスを使ったラクチン訪問ですw。中学校に行くときは、事前にその学校のHPを拝見しますが、塩瀬中学校のトップページには、「第73期生の背景文字は綵~あやぎぬ~です。」と書いてありました。

「第73期生」は、この春に卒業した塩中生のことでしょう。 「綵」という漢字は読むことすらできません。調べてみると、漢検1級の漢字とのことです。少し安心しましたw。 「背景文字」という言葉も初めてです。何の「背景」なのでしょうか。校長先生におうかがいすると、卒業証書を渡す体育館の舞台背景とのことでした。

今も展示してある実物を拝見しました。巨大です。毎年、卒業生たちが自分たちの背景文字を作成するそうです。選んだ1文字を240ほどの生徒数分に切り分け、各自が彩色した紙片を繋いで作るそうです。「綵」とは、さまざまな糸や織り方を用いたキラキラと光沢のある織物のこと。卒業生のみんなの目の輝きを見るような思いがしました。

カテゴリー: 校長室から パーマリンク