天を仰いで 532 県高校名板の件

県高の校門は本地に移転した昭和16(19:41)年に造られました。門柱は当時のもので、すでに80年の風雪に耐えています。一方、門扉は直線基調の木製でした。現在の優美な曲線を描く門扉になったのはいつのことか、まだ記録を見つけることができません。

校名板は少なくとも3回変わっています。当初は中学校だったので当たり前ですが、戦後、一度「伊丹北高等学校」と名乗っていたことはあまり知られていません。その時は男子校でした。

さらに、昭和26(1951)年の写真を見ると、校名は現在と同じですが、白木の木製でした。しかも、漢字の名称の上に英字が書かれています。“Hyogo Prifectural High …… School‘ 写りが悪く、“……’の単語がどうしても読めません。Co-educational? 何が入るのか気になって仕方がないんですが、どなたか教えていただけないでしょうか?

カテゴリー: 校長室から パーマリンク