天を仰いで 521 実在するもののけ姫

今日は20歳の環境活動家、露木志奈(つゆき・しいな)さんをお招きして、全校集会でお話ししていただきました。中学卒業後グリーン・スクール・バリへ3年間留学し、在学中にエシカルな化粧品ブランドを立ち上げ、卒業後帰国してからは慶応大学に入学するも、休学して環境保護のための講演会で全国を飛び回っているという経歴から、どんな人を想像しますか? 

昨日、横浜から来て大阪のホテルで一泊したそうですが、荷物は小さなデイ・パック一つだけ。服装はまったくの普段着。しかし、その瞳の輝きは尋常ではない。人の心に飛び込むコミュニケーション能力もすごい。彼女と話していて楽しくないと思う人は少ないでしょう。

「なんで?なんで?」と問い続ける探究心と「年齢なんて関係ない」という行動力があれば、人が知らなかった新しい価値を創造できる時代になったんだと思いました。それを多くの人に伝道していく。なるほど、「パブリック・スピーキング革命」は確実に進行しています。県高生が「自分にもできる!」と思ってくれることを心から願っています。

カテゴリー: 校長室から パーマリンク