天を仰いで 513 天を射ろ!

昨日、帰り間際にグラウンドを見ると、弓道部が弓を持って集まっています。何やってるの?と思って眺めると、前方遠くに大きな的が立っています。「遠的(えんてき)」でした。

60mの遠くに立てた的を目がけて矢を射る競技です。隣にいた弓道部の生徒聞くと、来月、試合があるそうです。遠的の練習ができるほど大きな道場など、ほとんどないから、こうやって練習するんですね。はじめて見ました。

誰もいない広いグラウンドで、空に向けて射るというだけで気持ち良さそうです。古来、弓には霊力があると信じられており、弓弦の音だけでも鬼は逃げるといいます。天に向かって弓を弾き、コロナの邪気を払ってほしいと思います!

カテゴリー: SAKURA PJ, 校長室から, 自主活動, 部活(運動部), 5-生徒の活動 パーマリンク