天を仰いで 504 早春の色

玄関の左にゴールデンクラッカーが咲きだしました。ゲジゲジした茎にぎやかにはじける花がかわいらしい。「クラッカー」はビスケットではなく、花火のほうでしょう。名前のとおりですね。去年は気づかなかったので、多分、秋ごろに校務員さんが植えてくれたのでしょう。

早春には黄色い花が多いのだとか。そういえば、スイセンミモザナノハナもそうです。なぜ多いのか?検索してみると、飛び始めた羽虫に見つけられやすいからという説がありました。虫でなくとも、確かに目立ちます。

前にも書きましたが、花には防犯効果があると信じています。ならば、よく目につく花を目につく場所に植えるほうがより効果が高いはず。良い場所に良い花を植えてもらえたなと喜んでいます。春雨に打たれる花を見ていると、体育館から球技大会の歓声がかすかに聞こえてきました。今日は2年生が楽しんでいるようです。

カテゴリー: 校長室から パーマリンク