天を仰いで 502 祝!73回生卒業!

本日、早春の陽光のもと、第73回卒業証書授与式を挙行しました。幸いにも緊急事態宣言が解除され、当初の計画通り感染拡大防止に留意しながらも、滞りなく開催することができました。これも保護者の皆さまをはじめ、関係各位の御理解と御協力のたまものと、心から感謝申し上げます。ありがとうございました。

卒業証書授与以下、校長の式辞、在校生送辞、卒業生答辞というごくシンプルな式典でしたが、送辞と答辞がそれぞれとっても良かった。ともによく練られた、具体的な内容が盛り込まれ、話しぶりも真心のこもった誠実なものでした。県高生のスピーチ力は本当にすごい!お蔭で、全体が引き締まった、充実したものになりました。

お楽しみは、今年度も最後にありました。卒業生退場のアナウンスに、恒例の「ちょっと待った~!」がかかり、卒業生20人ほどが壇上を占拠。3年に関わった教員一人一人に、「通知簿」を渡すといいます。「3年間よく努力した!」「怒った時のこわさ5」「生徒への気配り5」と評価?される者もあれば、「声が小さいもう一度!」「ダジャレの面白さ2」「席替えの頻度1」とダメ出しもたくさんあって、みんな大笑い。生徒の優しさのおかげで、今年も温かい卒業式になりました。

カテゴリー: 73回生, SAKURA PJ, 校長室から, 第3学年, 自主活動, 1-学年, 5-生徒の活動 パーマリンク