天を仰いで 483 26年前の学級通信

たまたま、県立西宮高校の公式ブログを読んでいたら、「どこかで読んだような……あぁ、あの時の」となりました。「震災追悼行事」という記事の3段落に出てくる「旧職員Ⅰ先生の学級通信」は、確かに自分が書いた文章でした。これは無断転載ですね。お返しに去年もらった県西の100周年記念誌から上の写真を無断で拝借。校務員室の止まった時計だそうです。

26年前は、県西で3年生の担任をしていました。今の県西の校長先生は、隣のクラスの担任をされていました。同い齢ですが、はるかに熱い心を持った尊敬する同僚でした。あの時にボクが配布した学級通信を、ありがたいことに保存してくださっていたんです。あの方らしい誠実に改めて驚きます。

1年生から持ち上がって、県西で最初に送り出す学年でした。福田さんは大学進学のために、放課後、国語を教えてほしいと志願してきた生徒でした。解いた問題集を持ってきては、真っ赤に添削して返すというやりとりを何度もしました。生きていれば44歳でしょうか。同窓会などがあったら、楽しく昔話ができたのになと思うと、もうそれ以上、文章が見えなくなりました。

カテゴリー: 校長室から パーマリンク