天を仰いで 478 校庭チャレンジ

冬季の体育には、伝統の「瑞ヶ池チャレンジ」があります。近くの瑞ヶ池公園まで行って、池の周囲のランニング・コースを男子は5km、女子は3km走るタイム・トライアルです。過去のデータが蓄積されているので、先輩たちも走った同じコースで県高新記録を目指します。

しかし、今年はコロナです。1,2年生550人ほどが公園を走れば、心配される地域の方もいらっしゃるでしょう。中止もやむなしかと思っていましたが、体育科の教員が今年に限り「校庭チャレンジ」してくれました。校庭で同じ距離を走り、記録も残します。県高らしい授業だけに、工夫して継続できることに感謝しています。

今日、その練習風景を眺めていたら、きちんとたたまれた体操服に気付きました。これもまた本校の美風。県高生たちは自然にこういうことが!できます。良いことが良いこととして、当たり前のようにして受け継がれるのは本当にありがたいなぁと思います。

カテゴリー: 校長室から パーマリンク