天を仰いで 450 冬鳥の飛来

暖かいので校内を散歩していると、グワッグワッとプリンス池の方からカモのにぎやかな声が聞こえてきました。そういや事務員さんが今年も帰ってきましたよと教えてくれていたなぁと思い出して見に行ってみました。木々の隙間からこっそりのぞき込むと、去年よりも大きいオスが何羽もいます。よくみるとメスも数羽おり、全部で10羽は数えられました。

神戸新聞によると、近年、昆陽池のカモは激減しているそうです。1982年をピークとしてこの40年ほどで、なんと10分の1以下となり、昨年度は355羽だったとのことです。原因はいろいろ考えられていますが、一つには池の水位が下がって、生息環境が変わったこともあるようです。

実はプリンス池も年々、水が減っています。この1年でも池の中に中州?ができるほどになりました。地下水をくみ上げて池にためているのですが、水量が減ったのでしょうか。それとも池の底にひびでも入っているのか。カモが来なくなる前にいちど「カイボリ」ができたらなぁと思っています。どなたかテレビ東京にコネクションありませんか?w

カテゴリー: 校長室から パーマリンク