天を仰いで 439 祝!118周年

今日は創立記念日なので休業日。生徒は公式戦を控えたラグビー部がグラウンドで練習しているだけです。ちょうど今、第64回兵庫県高校総体・第100回全国高校大会兵庫県予選の真っ最中。本校ラグビー部GGGは2試合勝ち抜き、今週末、神戸高校と対戦します。準々決勝までは無観客試合ですが、たとえ観戦できなくとも必勝を願って応援しよう!

本校は明治34年(1901)に文部省に認可され、翌35年(1902)2月には県庁に、3月には神戸高等女学校に創立事務所を設置したと60周年記念誌『60年の歩み』に記されています。4月に第1期生80名を募集し、受験者数は195名、競争率は2.4倍でした。5月5日に開校式並びに入学式が挙行され、本校の歴史が始まりました。

旧制中学校への進学率は昭和15年(1940)でもわずか7%に過ぎませんでした。明治時代であれば、なおさら現代とは比較にならない難関校だったと思われます。神戸高等女学校はやがて「県一高女」として「神戸一中」と統合され、神戸高校となります。偶然ですが、創立を記念するこの時期に、ともに旧制中学校を前身とする高校がラグビーの試合をします。互いに善戦してほしいと思います。

カテゴリー: 校長室から パーマリンク