天を仰いで 438 どんぐりコロコロ

県立伊丹ってどんな高校?と聞かれたら、3つ答えることにしています。一つには、生徒が校内でバーベキューをする高校。二つには、春に同窓会(緑窓会)が花見をする高校。そして、三つには、秋に園児たちがどんぐり拾いをする高校です。

今年も野間幼稚園の園児たちがやってきてくれました。スクールバスから113人が元気に降りてきます。引率の先生が「みなさん、挨拶しましょう」と声をかけると、いっせいに「おはよーございます!」と大きな声です。みんな牛乳パックに色紙などを貼って加工した「どんぐり入れ」を首にかけています。これをいっぱいにするのが目標だそうです。築山の入り口から、さっそくしゃがんで拾い出しました。

今日から3学年とも中間考査が始まっています。ちょうど2限目が終了し、2年生が何人か下校していきました。どの生徒も、園児たちに気が付くと目を細めています。100人以上の園児が過ごせる広い築山、大きなクヌギやカシワがある豊かな自然、園児を安心して託してもらえる地域との長い繋がり、これらはいずれも本校のかけがえのない教育資源です。

カテゴリー: 校長室から パーマリンク