天を仰いで 437 本当の終わり

お昼ご飯を食べて、食堂を運動場側の扉から出た途端、あっと思いました。金木犀が香ります。本校には植わっていないと思っていました。どこにあるのか探すまでもなく、目の前の背丈よりも高い垣根がすべてそうでした。まだ蕾ですが、すでに涼しい香りをしきりに立てています。なぜ今の今まで気が付かなかったのか。

  木犀の匂ひ   高橋元吉

木犀が咲き出すと
水晶製の空気がどこからともなくながれてきて
すべるように音なくながれてきて
時によるとほかのものがみんな消えてしまって
ただ木犀の匂ひだけが
地球のうへをながれてゐることがある。

10月29日の体育祭から今日でようやく2週間が経ちました。新型コロナウイルスの潜伏期間は1~14日ほどとされています。これでやっと一安心です。「水晶製の空気」を大きく吸って、安堵の溜息をつきました。

カテゴリー: 校長室から パーマリンク