天を仰いで 436 夢を実現する生徒会に

今日は生徒会役員選挙の演説会がありました。集合の放送も体育館での整列指示もすべて生徒会が仕切ります。体育館での全校種会は本年度初めてですが、誰も注意しないのにみんな自然に口を閉ざしました。開会宣言の後、司会が定員1名の副委員長に2名が立候補していると言うと全体に緊張感が漂います。

立候補者10名が壇上に上がりました。どの候補者も顔を上げて、大きな声で自分の言葉で話します。失敗を恐れず挑戦したい、気付く力を発揮したい、学校運営に携わりたい、広報新聞を発行したい、チームとして行事を成功させたい、意見箱を設置したい、目につかないところに着目したい、文化伝統を継承したい、身近なところから取り組みたい、全員が楽しめる行事がしたい。。。

感動しました。それぞれの言葉の奥に、「県高をよくしたい」という熱い思いが感じられました。現2年役員は文化祭を開催できませんでした。そこで、任期を延長し、現2年役員が新1年役員とともに来年度の文化祭を計画実施することになります。みんなで力を合わせて県高をよくしよう! どんどん提案して実現していってほしい。期待しています!

カテゴリー: SAKURA PJ, 校長室から, 緑友会(生徒会), 自主活動, 5-生徒の活動 パーマリンク