天を仰いで 419 生徒が活躍するOHS

今日は緑創館でオープンハイスクール(OHS)を開催しました。通常、7月に行いますが、新型コロナウイルスの影響で9月となりました。1回の定員を減らして200名としたため、回数は1回増やして全6回行います。今日はそのうちの3回を行う強行軍。しかも、昨夕、緑創館2階のクーラーが突然ダウン!急遽、校内の扇風機をかき集めての実施です。集まっていただいた皆さん、暑い中、御清聴いただき、本当にありがとうございました。

これまでは多くを教員が話していましたが、昨年、実施後のアンケートで面白くない(!)という厳しい評価をいただきました。そこで、今年は生徒に協力を求め、校長のあいさつ以外、すべて生徒が行うように変更しました。司会は放送部、学校概要は放送部作成動画、学校紹介は2年生、実践発表は2・3年生、体験談は1年生です。それに、部活動の発表としてコーラス部と吹奏楽部が出演してくれました。

さて、中学生やその保護者の皆さんはどう思われたでしょうか。会全体を主として計画してくれた教員は「生徒たちが本当によく頑張ってくれました!」と感動していました。本校が最も誇っているのは、伝統でも、校風でも、教育活動でもありません。生徒です。充実した学校生活を送る「県高生」に憧れて、多くの中学生が入学してくれることを心から願っています。

カテゴリー: SAKURA PJ, 校長室から, 自主活動 パーマリンク