天を仰いで 388 開かれた学校づくり

7月22日(水)の午後2時から、緑創館で第1回ひょうごスーパーハイスクール運営指導委員会並びに学校評議員会を開催しました。お集まりいただいたのは、本校に関わりのある自治会、大学、施設、企業、中学校、PTAのを代表する方々です。学校側からは管理職と部長・主任が出席しました。話題は、今取り組んでいる「県高SAKURAプロジェクト」と「COVID-19感染拡大防止」についてです。

「県高は地域の誇り。コロナの時こそ、不要不急の事業を見直すチャンスと考えて取り組んでほしい」「今後、グローバルな社会では、能動的に自ら何かをつかんでいく人材が求められている」「県高生が自治会や地域のエネルギーとして活躍することを期待している」等の御意見をいただきました。全ての教職員で共有して、今後の学校運営に活かさせていただきたいと思いました。

「地域に愛される学校は発展する」。前任校の学校評議員会で、退職された中学校の校長先生がおっしゃった言葉です。それ以来、自分もそう考えるようになりました。本校が120年近い歴史を持つのは、地域の皆様に愛され続けてきたからだと思います。今後も、地域の思いをうかがいながら、地域とともに進む県高でありたいと改めて思いました。

第1回HSH運営指導委員会並びに学校評議員会
【配布資料】
1 次第・座席表
2 本 資 料
3 参考資料1
4 参考資料2
【議事概要】
〇 議事概要

カテゴリー: SAKURA PJ, 校長室から, 運営指導委員会 パーマリンク